K's flower Column

I remain what I am, because I'm always a stepping forward.

Unidentified Flying Object

先のアメリカ大統領選挙にて、ヒラリー・クリントン氏が当選の暁には「UFOの政府極秘ファイルを調査し、機密扱いを解除して、国民に公開する」と選挙公約していました。ヒラリー・クリントンは好きではありませんが、この選挙公約だけは楽しみにしていたのですが、結果は惜敗の末に軍配は共和党のドナルド・トランプ氏に。

歴代大統領候補者たちが誰も足を踏み入れなかった領域に踏み込んだ公約ということで、ひょっとしたら暗殺されるんじゃないかと勝手に心配していたり。ヒラリー・クリントン曰く「ファイルを詳しく調査したいと考えています。成功すれば、可能な限り国民に開示します。もし何も見つからなければ、何もなかったと皆さんにお伝えします。もし何か見つかり、それが国家の安全保障を脅かさないものだったら、皆さんと共有すべきだと思います。」と述べているので100%事情を把握している訳ではなさそうですが、やはり米国人ならずとも凄く気になるところです。私個人的には「異星人は存在する」と思っている派。広大な銀河系の片隅に位置する太陽系の地球という惑星に人類が存在するように、どこかには異星人がいてもおかしくないと考えるから。20年以上前でしょうか、配達の途中にテレビ塔付近を走っている時に不思議な物体が飛行しているのを見たことがあります。といっても、誰も信じてくれませんが…まぁ、異星人がどのように何を目的で地球にきているか知る由はありませんが。

さて、この度チリ政府機関が「UFO(未確認飛行物体)」についての情報を公開しました。個人ではなく「政府」発表ですから信憑性は一気に高まります。2014年にチリ海軍が目撃・撮影した飛行物体を過去2年間に渡ってあらゆる角度から秘密裏に調査が行われたが、正体を掴めぬままに月日は流れ、ここにきて機密扱いが解除されたとのこと。もう、ワクワク感で胸がはち切れそうです。

マンガ 実録! UFO・宇宙人衝撃の新説
宝島社
売り上げランキング: 193,980

Leave A Reply

*