K's flower Column

I remain what I am, because I'm always a stepping forward.

JOUR des MUGUETS

ここにきて「JOUR des MUGUETS」のご予約が増えてきた。日本ではあまり馴染みのないイベントですが、フランスでは、5月1日に愛する人やお世話になっている人にスズランを贈り、そのスズランを貰った人には幸運が訪れると言われているのです。

JOUR des MUGUETS

Floral note

スズランの花は香りが強いのが特徴。バラ・ジャスミンと並び「三大フローラルノート」と呼ばれ、そのややグリーンを帯びた透明感のある爽やかな香りから、いくつもスズランの香水が出ているほど‥スズランの香りを再現した香水は、クリスチャン・ディオールの「ディオリッシモ」などが代表的です。スズランをこよなく愛したディオールが生涯最後にプロデュースした名香と言われています。また、スズランの香りは「聖なる香り」と言われ、好きな人にふりかけると自分に振り向いてくれるという言い伝えもあります。

History of JOUR des MUGUETS

16世紀ヨーロッパでスズランの栽培が始まって間もなく、スズランを贈る風習が生まれました。当時、5月1日は愛の日とされており、葉と花で作った冠を被って男女が花をプレゼントし合っていたようです。

1561年5月1日、幸福をもたらす花とされるスズランの花束をプレゼントされたシャルル9世は大変喜びました。そのためシャルル9世は、宮廷のご婦人たちにも幸せを分けてあげようと毎年スズランを贈ることにしました。また、スズランは恋人たちの出会いや幸せの象徴でもあり、縁起が良いものとされていました。鈴蘭舞踏会と呼ばれるパーティが開催されることもあり、若い女性たちは白いドレスを身にまとい、男性たちはボタン穴にスズランを付けたりしていたそうです。

一般の人々にスズランを贈る風習が定着したのは19世紀末頃から。シャルル9世がスズランをもらって喜んだ年からちょうど15年後の1976年5月1日だと言われています。20世紀になると、パリ近郊の人々がスズランを探しに森に行き、野生のスズランを採取しました。現在では5月1日が近づくと、街角の至る所でスズランの小さな花束が売られます。

Leave A Reply

*