K's flower Column

I remain what I am, because I'm always a stepping forward.

911

2001年9月11日に世間を震撼させた「アメリカ同時多発テロ事件」。既に16年も経過していることになる。火曜日の夜だった筈で、テレビを観ていたら急に場面が変わって旅客機がビルに突入する場面に目を奪われ、そのまま朝方までネットで様々な情報を集めていたような記憶がある。

この事件の真相は未だに闇に包まれたままなのかもしれないが、様々な節が飛び交っていたと思う。「アメリカ政府は、テロが起こる事を知っていてわざと見逃した。」とする「見逃し説」。「アメリカ政府とアメリカ軍が、遠隔操作の貨物機やミサイル、建物内に仕掛けた爆破解体用の爆薬を使ってツインタワーやペンタゴンを破壊し、通説のようなテロ事件であると報道機関を用いて演出した」とする「自作自演説」などなど。「事件当日、WTCで働いていた4000人のユダヤ人全員が仕事を休んでいた」とされる「ユダヤ陰謀説」なんかもありましたっけ!?

ヒラリー・クリントンがドナルド・トランプに大統領選で敗退したのも「大統領に選ばれた暁には、国家の危機を排除するべく、エリア51に関する政府内部文書を可能な限り多く公開する」と公言したことによる陰謀じゃないか説なんかも面白いと思うのですが。

911テロ/15年目の真実 【アメリカ1%寡頭権力】の狂ったシナリオ 《完ぺきだった世界洗脳》はここから溶け出した
高島康司 板垣英憲 ベンジャミン・フルフォード リチャード・コシミズ 藤原直哉 ケイ・ミズモリ 菊川征司 飛鳥昭雄
ヒカルランド (2016-12-19)
売り上げランキング: 319,021

Leave A Reply

*