JOUR des MUGUETS

母の日の前に「JOUR des MUGUETS(ミュゲの日)」がある事を忘れていた。日本ではそれほど馴染みのないイベントですが、当店では、徐々にスズランの花を購入なさるお客様が増えています。

JOUR des MUGUETS(ミュゲの日)とは…
フランスでは5月1日に愛する人やお世話になっている人にスズランを贈る習慣があり、スズランを貰った人には幸運が訪れると言われています。フランス語でスズランを「ミュゲ(muguet)」ということから、「ミュゲの日」と言われます。何故フランスでスズランを贈る習慣が生まれたかというと、16世紀の遡ります。

16世紀ヨーロッパでスズランの栽培が始まって間もなく、スズランを贈る風習が生まれました。当時、5月1日は愛の日とされており、葉と花で作った冠を被って男女が花をプレゼントし合っていたようです。

1561年5月1日、幸福をもたらす花とされるスズランの花束をプレゼントされたシャルル9世は大変喜びました。そのためシャルル9世は、宮廷のご婦人たちにも幸せを分けてあげようと毎年スズランを贈ることにしました。また、スズランは恋人たちの出会いや幸せの象徴でもあり、縁起が良いものとされていました。鈴蘭舞踏会と呼ばれるパーティが開催されることもあり、若い女性たちは白いドレスを身にまとい、男性たちはボタン穴にスズランを付けたりしていたそうです。

一般の人々にスズランを贈る風習が定着したのは19世紀末頃から。シャルル9世がスズランをもらって喜んだ年からちょうど15年後の1976年5月1日だと言われています。20世紀になると、パリ近郊の人々がスズランを探しに森に行き、野生のスズランを採取しました。現在では5月1日が近づくと、街角の至る所でスズランの小さな花束が売られます。

JOUR des MUGUETS https://www.ksflower.jp/flower-gift/event/jour-des-muguets/

↑実は、まだ商品をアップしておりません。資材の都合がつき次第となりますのでご理解賜りますようお願い申し上げます。

Related post

  1. READ MORE

    Regular Holiday

    2020-03-31

  2. READ MORE

    Google Nest Mini

    2020-01-06

  3. READ MORE

    THE FABLE

    2020-06-10

  4. READ MORE

    第96回東京箱根間往復大学駅伝競走

    2020-01-03

コメントをお待ちしています。

コメント

ページ上部へ戻る