Color Psychology part2

前回の続き‥

Color Psychology

PINK

ピンクは赤みを帯びているため落ち着きのある色とされています。女性らしさ・遊び心・愛に関連していることがあります。 しかし、ピンクはやや未熟な色として認識されることもあります。 お子様のおもちゃのパッケージやブランドには、遊び心のある、気まぐれな楽しみを示すピンクがたくさん含まれています。また、遊び心のあるセクシーな何かを意味する色を表しています。

PURPLE

パープルは王族・権力・特権・知恵、そして精神性と結びつくことができます。 パープルは、怒りっぽかったり、傲慢であると認識されたりするため、イライラする色にもなることがあります。概ね、高貴な色として使用差競れている色です。

BROWN

茶色は通常、赤と黄色で構成され、黒の割合が高くなります。その結果、黒と同じ深刻さを持ちますが、暖かく柔らかくなります。また、赤と黄色のプロパティの要素があります。ブラウンは地球と自然界とのつながりがあり、信頼できる色とされ、ほとんどの人はそれを静かに支持していると感じます。

WHITE

黒が吸収であるように、白は反射を表す色。それは私たちの目にスペクトルを反映しています。白色は、西洋文化では、結婚式や病院用であり、純度・清潔さ・秩序を表すことがよくあります。

Related post

  1. READ MORE

    Color Psychology

    2020-06-26

  2. READ MORE

    パート・アルバイトスタッフ募集

    2020-02-04

  3. READ MORE

    108 Roses

    2020-06-30

  4. READ MORE

    Flower Valentine part2

    2020-02-12

There are no comment yet.

COMMENT

Return Top